0円生活.com

お金をかけない、ニュー・リッチ・ライフ!

【タイ】世界最大の水浴び祭り「ソンクラーン」はカオスだった!注意点や持ち物は?オススメイベントも紹介!

f:id:arlie0125:20190601221842p:plain



サワディカープ(^人^)


0円でタイに行っている私ですが、今回は世界最大級の水浴び祭り「ソンクラーン」に行ってきました!


ソンクラーンとは?
注意することや持っていくべきものは?
オススメのイベントは?


本記事では実際に体験したレポートと一緒に、ソンクラーンを思いっきり楽しめる方法をご紹介します!



▼タイに0円で行く方法はこちら
www.0enlife.com



スポンサーリンク



ソンクラーンとは?

ソンクラーン とはタイにおける旧正月のことであり、チャントラカティの新年である。現在、政府によって4月13日から15日に固定されており、祝日になっている。 また、ソンクラーンの前後約10日間はテーサカーン・ソンクラーンと呼ばれ、休日ではないが祭典が行われることがある。


引用元:Wikipedia


簡単に言うと、ソンクラーンはタイの旧正月です。

タイでは、旧正月の祝いとして街中で水浴びをするんですね。


水掛けには「お清め」の意味もあるようです。

ソンクラーンのタイはどんな感じ?!


こちらが実際にタイのソンクラーンに行った時の動画です。

空港を出て、ホテルに向かうまでにも街中水掛け・・・!



朝の時間は比較的、水掛けをしている人は少なかったですが、夜にかけて参加する人が増えます。



水掛けは、かわいい水鉄砲から、大量の水を汲んだバケツ・ダイレクトに水をかけられるホースまで・・多様です。



ちなみに「NO」と言ってもかけられるので、拒否権はありませんw


カメラを持っていようが、キャリーバッグを持つ旅行客でいようが
トゥクトゥクに乗っていようが、容赦なくかけられます。





ソンクラーンの時期は、タイに到着した時点でスマホの防水ケースをつけることをオススメします。




ソンクラーンの注意点


ソンクラーンの時は、普段のタイとは一変します。
以下のことに注意しましょう。


お店が休みの場合もある


ソンクラーン=旧正月のため、お店がお休みだったり営業時間が変わることがあります。


行きたいお店があっても、実際に行ったら閉まっていた・・・ということにならないように、事前に営業状況を確認しておきましょう。


飛行機などは必ず事前予約!


ソンクラーンはタイ現地の人にとって大型連休の時期なので、旅行に行くことが多いです。


普段は空席がある飛行機やバスなどもこの時期は席が埋まりやすいので注意です。


バンコクからプーケットに行くなど、タイ国内を飛行機などで移動する時には必ず事前予約しましょう。



お清めなので濡れるのを回避できないし、怒ってはいけない


ソンクラーンの水掛けは「お清め」の意味もあるそうです。

なので、NOと言って断っても容赦なくかけられます。

また現地のルールとしては「お清め」なので、かけられても怒らない・嫌な顔をしない・笑顔でいること。と決められているようです。

スリに注意!


ソンクラーンには多くの観光客が訪れます。

普段よりもいろんな人が集まりますので、観光客を狙ったスリにも出くわしやすいです。


水掛けで、注意がそれてしまいがちなので、手荷物は少なめにして十分に気をつけましょう。


体験者が語る!ソンクラーンに持っていったほうがいいもの


実際にソンクラーンを体験して、「これを持っていっておいてよかった」「持っていけばよかったなぁ」と思ったものをご紹介します。

スマホカバー(必須)


ソンクラーンにスマホカバーは必須です。

スマホカバーがなければ一瞬で水没します。

わたしは以下のAmazonのものを購入しました。



こちらのものはケースに入れたままで、スマホ操作ができるのでカメラも自由に使うことができました。
買ってよかった商品です!

サンダル(足の指がかからないもの)


どうしても足元が濡れるので、サンダルが必須です。

足の指をかけるタイプだと、濡れたときにこすれて指の間が痛くなるのでクロックスなどのタイプがオススメです。



防水ゴーグル


ゴーグルはあってもなくても大丈夫ですが、顔にも水がかかるため
できればゴーグルがあると良いです。



タイの水は衛生面的に良くないので、目の保護をした方がいいと思いました。



オススメ!タイのソンクラーンイベント・フェス!


ソンクラーンの時期になると、さまざまなイベンやフェスもやっています。

実際にイベントにも足を運んでみましたので、ご紹介します!


S2O(エスツーオー)


f:id:arlie0125:20190601211545j:plain


『世界で最もズブ濡れになるフェス』と言われる「S2O Songkran Music Festival」


有名DJも登場し、世界中から著名人が集まる人気イベントです。


今回参加したときの映像がこちら。




S2O(エスツーオー)は毎年会場が変わるようなので、イベントサイトからチェックしましょう。


チケットも公式サイトから購入することができます。


▼公式サイトwww.s2ofestival.com



▼わかりやすい日本語のタイ観光案内サイトwww.thailandtravel.or.jp




ナイトクラブエリア「RCA(ロイヤル・シティ・アベニュー)」

f:id:arlie0125:20190601213925j:plain


「RCA(ロイヤル・シティ・アベニュー)」というタイのナイトクラブエリアでもソンクラーンのイベントをしています。

中でも人気なのが、ONYX・ROUTE66です。


■ONXY


POINT
EDM好きにオススメ。ナンパが多いです。




■ROUTE66



POINT
純粋に音楽を楽しんでいる人が多い。
ONXYより値段がやすい。





以下の動画でもタイのソンクラーンイベントがランキング形式で紹介されていました!


【番外編】ソンクラーンで水をかけられなくて済む方法


ソンクラーンと知らずにタイに来てしまった・・・
思っていた以上に水をかけられて、もう辛い・・・


という方は「もう水をかけられなくて済む方法」を知りたいかと思います。


前述した通り、NOと言っても水はかけられますし、怒っても水はかけられます。


しかし、どうしても水をかけられたくない!という方が唯一1つだけ水を避けられる方法があります。



それは「タクシー」を利用することです。
言ってしまえば、その方法しかありません。


ただし、外でタクシーを拾うまでにも水をかけられる恐れがあるのでホテルでタクシーを呼んでもらうか「Grab Taxi(グラブタクシー)」を利用しましょう。




「Grab Taxi」は、タクシーを呼べる配車アプリでスマホから利用することができます。
以下のリンクからダウンロードしましょう。(無料)

www.grab.com




以下の記事で詳しく解説しています。

tripping.jp



ちなみにタイのタクシーの料金は30分間乗っても数百円程度です。


タイのソンラーン・まとめ


タイのソンクラーンについてまとめました!

実際に行ってみた感想は「とにかくカオスだった」という感じですw


街中で、子供も大人もみんな無邪気に掛け合うのはもちろんのこと、
高級ホテルの中でもスタッフ同士が水をかけあっているのにはビックリしました。


日本では絶対にみられない光景なので、日本より一足早く夏を楽しみたい方、思う存分ハッチャケたい方はぜひ行ってみて下さい!!




ちなみに、わたしは毎回0円でタイに行っています。


以下の記事でわたしが0円で海外旅行している方法を紹介していますので、ぜひご参考ください!



▼タイに0円で行く方法はこちら
www.0enlife.com



スポンサーリンク